心待ちにしていた春の到来

暖房設備で寒さをしのいでいた冬の寒い季節を通り越し、春の陽気を心待ちにしていた人も多いのではないのでしょうか?
そろそろその暖房設備・厚手の洋服ともしばしのお別れをしなければいけない季節がやってきました。

でも春到来=花粉の季節でもあり、この時期は多くの花粉が飛来するので花粉症の人には辛いことでしょう。
花粉症は現代病の1つでもあり、私が学生時代の数十年前は花粉症なんて言葉すらなかったと思います。
スギやら花粉の元になる木々が増えたのが原因なのでしょうか?
春はポカポカして川べりの芝生で昼寝でもしたい気分になります。
そよ風も心地いいですね。
それに冬はどうしても昼と夜の時間を比べると夜の方が長く、それに引きかえ春から夏にかけては日照時間も長く、夜7時くらいまでは明るく何だか得をしたような気分になります。
それによって日中の行動範囲が広がるのもいいですね。
私はどちらかというと、寒いよりは暑い方がまだ我慢できるため、そういう意味ではこれからの季節が1番好きです。
個人の好みで分かれますが、冬のウィンタースポーツが好きなど秋の夜長で読書が好きといった方もいると思います。

日本には四季があり春夏秋冬の順番で巡っています。
春は桜、夏は海水浴、秋は食欲、冬は雪といったその季節に思い浮かべるキーワードを挙げてみましたが、あくまで私の主観ですので個人個人違ったワードが出てくるとは思います。
ですが、こうして1年を通して、色々な楽しみがあるすばらしい地域に生まれたことに感謝したいです。

しかし今後、地球温暖化の影響で気候に徐々に変化がでないか心底心配しています。人妻出会い系サイト:成功確率97%の秘策

床に散らばるおもちゃは自分でお片づけ

子供供部屋にたくさんのおもちゃが散らばっているとき、「片づけなさい」と言っても片づけない子供に対して「片づけないと捨てちゃうよ」と言っていませんか?
すると、脅された子供は「捨てられちゃう」と思って片づけますが、その場限りになってしまい成長してから片づけができない子供に育ってしまう恐れもあります。
そこで、片づけができる子供に育つように、私が娘に行ったことを紹介します。

娘に片づける理由を教え「おもちゃにもお家がある」「踏んだらケガをしちゃう」と言うと納得してくれました。
それぞれの箱に写真やおもちゃの名前を貼り、「このおもちゃはこの箱に入れる」とわかるようにすると、片づけられるようになりました。
さらに、子供の目線に合わせたところに箱を置くこと、持ち運びしやすいようにキャスターをつけるなど工夫を凝らしました。
難しく考えてしまいがちですが、意外と単純なことです。

怒ってしまい、ママが全部片づけてしまうことがないように、片づけがしやすい環境を作ってあげることがポイントです。
また、片づけができたらほめてあげましょう。
片づけができない子供に対して「イラっ」としてしまうことが多いママの負担が少しでも減ったら嬉しいです。参照ページはこちらから

周りには書道教室は沢山あります

僕の住んでいる青梅市には、実のところ、書道教室というのは、星の数というほどではないにしても、キッズ向けを入れると、本当に沢山あります。
色々な意味で、書道教室は、競合相手が多すぎて、叶わないよなと思う事もあります。
それでも、ちょっとやってみたいと思う時もありますが、そういう場合、これはないなと思うものもあって、それは前から言っているだろうと思われる三味線教室です。

実は、知人の行為を見ていて、一角にもなっていない自分が、でかいことって何も言えるわけではないと思ったからでした。
その知人に、僕は書道を勧められたのですが、それでも、僕は彼が芸術で成功している、少なくとも仕事になっているという事が羨ましく、物凄く感じられるのでした。

確かに歌の文句ではありませんが、ここに何かのロマンを求めても、現実的なお金の話と老いしかないのかもしれません。

実際、世の中で、そればかりに追われてしまったのは事実ですが、残念だとは思います。