床に散らばるおもちゃは自分でお片づけ

子供供部屋にたくさんのおもちゃが散らばっているとき、「片づけなさい」と言っても片づけない子供に対して「片づけないと捨てちゃうよ」と言っていませんか?
すると、脅された子供は「捨てられちゃう」と思って片づけますが、その場限りになってしまい成長してから片づけができない子供に育ってしまう恐れもあります。
そこで、片づけができる子供に育つように、私が娘に行ったことを紹介します。

娘に片づける理由を教え「おもちゃにもお家がある」「踏んだらケガをしちゃう」と言うと納得してくれました。
それぞれの箱に写真やおもちゃの名前を貼り、「このおもちゃはこの箱に入れる」とわかるようにすると、片づけられるようになりました。
さらに、子供の目線に合わせたところに箱を置くこと、持ち運びしやすいようにキャスターをつけるなど工夫を凝らしました。
難しく考えてしまいがちですが、意外と単純なことです。

怒ってしまい、ママが全部片づけてしまうことがないように、片づけがしやすい環境を作ってあげることがポイントです。
また、片づけができたらほめてあげましょう。
片づけができない子供に対して「イラっ」としてしまうことが多いママの負担が少しでも減ったら嬉しいです。参照ページはこちらから