わたしの誇れる大学教授

わたしは今、大学に通いながら通訳について学んでいます。外国語系の学科で毎日のように外国語と触れ合っています。そんな中で、わたしが1番好きな授業は通訳に関する授業です。今はまだ通訳といっても、相手に自分の意見を伝えるという日本語的な勉強が多くて通訳をしている実感はないのですが、少しずつ通訳の仕方について教わり始めました。通訳は、まず英語の文章を上からフレーズで分けていきます。それを文頭からそのまま訳すということでした。たとえば、日本語では文が主語で始まって動詞で終わります。でも英語は上から訳していくと、主語の次に動詞がきて、それが何のためなのか、何をしたのか、どこなのか、いつなのかを最後に言いますよね。何だか変、と思っていたのですが、ある時わたしのその教授がテレビで生放送で即興の通訳をしていました。その番組を見ていたら、本当に授業の通りの通訳を完璧にこなしていました。この教授についていけばわたしも通訳が出来るのかもしれない、そう思いました。30日間無利息でプロミスでキャッシングしました

DMMのソーシャルゲーム『文豪とアルケミスト』にはまっています

DMMのソーシャルゲーム『文豪とアルケミスと』にはまっています。
無料で遊べて、いわゆる課金要素もほとんどないので、ありがたいです。
現代に転生した昔の文豪(イラストは若いイケメン化されていて、声を当てるのは有名声優の方々)を集めて、レベルを上げて、本の世界で、侵略者と戦うというゲームです。
イケメン集めゲームといえばそうなのですが、それに加えて、文豪同士のエピソードも盛り込んで、会話が発生したり、手紙のやり取りがあったりして、往時の文豪たちの関係性もわかるので、それが楽しいのです。
特に坂口安吾に興味がある私は、太宰治や中原中也、織田作之助らとのエピソードにふむふむと肯き、また、彼らのエッセイなどを読み返したりして知識を深めたりできるのがとても楽しいです。
ただ、レベルをあげるのが難しく、また、レベルを上げなければ見ることができない会話があったりするので、今はかなり時間を費やして遊んでいます。
と、いっても、のんびり遊ぶこともできるので、文学好きの女性におすすめです。闇金トラブルを解決する弁護士・司法書士事務所 人気ランキング