わたしの誇れる大学教授

わたしは今、大学に通いながら通訳について学んでいます。外国語系の学科で毎日のように外国語と触れ合っています。そんな中で、わたしが1番好きな授業は通訳に関する授業です。今はまだ通訳といっても、相手に自分の意見を伝えるという日本語的な勉強が多くて通訳をしている実感はないのですが、少しずつ通訳の仕方について教わり始めました。通訳は、まず英語の文章を上からフレーズで分けていきます。それを文頭からそのまま訳すということでした。たとえば、日本語では文が主語で始まって動詞で終わります。でも英語は上から訳していくと、主語の次に動詞がきて、それが何のためなのか、何をしたのか、どこなのか、いつなのかを最後に言いますよね。何だか変、と思っていたのですが、ある時わたしのその教授がテレビで生放送で即興の通訳をしていました。その番組を見ていたら、本当に授業の通りの通訳を完璧にこなしていました。この教授についていけばわたしも通訳が出来るのかもしれない、そう思いました。30日間無利息でプロミスでキャッシングしました