わたしの誇れる大学教授

わたしは今、大学に通いながら通訳について学んでいます。外国語系の学科で毎日のように外国語と触れ合っています。そんな中で、わたしが1番好きな授業は通訳に関する授業です。今はまだ通訳といっても、相手に自分の意見を伝えるという日本語的な勉強が多くて通訳をしている実感はないのですが、少しずつ通訳の仕方について教わり始めました。通訳は、まず英語の文章を上からフレーズで分けていきます。それを文頭からそのまま訳すということでした。たとえば、日本語では文が主語で始まって動詞で終わります。でも英語は上から訳していくと、主語の次に動詞がきて、それが何のためなのか、何をしたのか、どこなのか、いつなのかを最後に言いますよね。何だか変、と思っていたのですが、ある時わたしのその教授がテレビで生放送で即興の通訳をしていました。その番組を見ていたら、本当に授業の通りの通訳を完璧にこなしていました。この教授についていけばわたしも通訳が出来るのかもしれない、そう思いました。30日間無利息でプロミスでキャッシングしました

DMMのソーシャルゲーム『文豪とアルケミスト』にはまっています

DMMのソーシャルゲーム『文豪とアルケミスと』にはまっています。
無料で遊べて、いわゆる課金要素もほとんどないので、ありがたいです。
現代に転生した昔の文豪(イラストは若いイケメン化されていて、声を当てるのは有名声優の方々)を集めて、レベルを上げて、本の世界で、侵略者と戦うというゲームです。
イケメン集めゲームといえばそうなのですが、それに加えて、文豪同士のエピソードも盛り込んで、会話が発生したり、手紙のやり取りがあったりして、往時の文豪たちの関係性もわかるので、それが楽しいのです。
特に坂口安吾に興味がある私は、太宰治や中原中也、織田作之助らとのエピソードにふむふむと肯き、また、彼らのエッセイなどを読み返したりして知識を深めたりできるのがとても楽しいです。
ただ、レベルをあげるのが難しく、また、レベルを上げなければ見ることができない会話があったりするので、今はかなり時間を費やして遊んでいます。
と、いっても、のんびり遊ぶこともできるので、文学好きの女性におすすめです。闇金トラブルを解決する弁護士・司法書士事務所 人気ランキング

標準基準は食べログ評価3.5以上のお店巡り

常にアンテナを貼り、季節の食材や流行りの食べ物、老舗の人気店、行列の店、フードフェスなどの情報を常日頃から集め、【行きたいリスト】を作成し、友人または彼氏と食べに行くことが趣味です。
NAVERまとめやRETRIPのまとめ情報サイト、テレビで紹介されたお店を含め、毎月月1回はテーマを決めて、何処で一番美味しい物を食べれるかを調べて足を運びます。
そして流行りのお店(話題が集まっていた時のシェイク・シャックやレッドロックなど)は基本的に予約を承っていないので、ディズニーランド並みの待ち時間を要することもしばしばありますが、長時間並んだ後に食べる味はまさに至福のひとときだったりもします。
基本的には話して決めますが、最低基準値は食べログ評価3.5以上が基本です。
また口コミ評価の最低コメントは必ず見ます。
食べログが絶対という訳ではありませんが、だいたい3.5以上のお店に間違いはないです。
高額なお金を払って美味しいものが食べれるのは当たり前ですが、CPも重要です。
いかに気持ちよく美味しいものが提供されるか。
日々新しい感動に出会えるのが楽しみでお店探しはやめられません。http://colourful-world-joomla-theme.com/

いつまでも家族と元気にスポーツを楽しむ。

“私は、毎週ではありませんがたいていの毎週末には家族で日頃仕事で溜まった疲れを体を動かすことによって発散しています。
スポーツと言えば、固定の場所で厳しい練習をするイメージですが、私たちは近くの空いているグラウンドを使って誰でもできるスポーツを気軽に楽しんでいます。
一家は母を除いて全員野球経験者なので、基本は野球をすることが多いのですが
野球って初心者の方にはボールは固いし、いろんな道具を使わないといけないし難しいイメージがありますよね…経験した私でも野球は難しと思いました。
しかし、野球ばかりではなくどちらかというと運動は苦手な母でも楽しめる、誰でも一度は体育の授業でやるバレーボールやバスケットボールもしています。
お互いにパスしあったり、チームを作って競い合ったりするのが私たち家族にとっては楽しくて仕方ありません。
たまに友達を呼んで大人数でプレイすることもあります。
広いグラウンドで束縛されずに走り回ることも、大声を出すことも嫌なことを忘れられるので
大好きな家族とスポーツをしていると、楽しくて時間があっという間に過ぎていきます。”引越し 見積もり サイト

断捨離しながらフレンチ・シック部屋を夢見る事

“仕事を辞め、家の中で生活する時間が増えて来ると目に見える景色がストレスになってきました。
今までは忙しさを言い訳に何もしていなかったからでしょう、改めて、家の中でも心地良くストレスが無くなる程度に模様替えと同時に断捨離を始めました。
思い切りが無いと模様替えが中途半端になってしまいそうだったからです。
床にある物を選別し、部屋のスペースを広げて行くと自分のストレスが消えてゆくから面白いんです、まず模様替えに際して断捨離を初めた物は洋服です。
良くTVでも、1年着る機会な無かった者は不必要な物とみなし捨ててゆく様にアドバイスしていますからその言葉を自分にも当てはめながら
ポイポイと振り分け処分する事になった袋は10袋、まだまだ家族全員分を考えるとそれ以上になるでしょう、これが気持ち良いから続けられる。
これからも断捨離してその後広がるスペースに新しい部屋のイメージを広げつつ、達人の収納の技本を読みあさり、フレンチ・シック部屋なる言葉に酔いつつ、断捨離に日々奮闘しているのが私の今の趣味になるのかな?!”一括査定

美容と良質な睡眠を得るために実践していること

私の趣味は風呂あがり、寝る前のリラクゼーションです。
これは夜間の睡眠を良質なものにするために、また美容とリラックスのために始めました。
まず、風呂上りに自分の好きな香りがするボディークリームを全身に塗って足を中心にマッサージします。
香りとマッサージすることによって血流がよくなるので足のむくみの改善や予防につながります。
ドライヤーで髪を乾かしたあと、次は頭皮マッサージャーを利用して頭皮のコリをほぐします。
これはリラックス出来るとともに、顔の肌と皮膚一枚でつながっている頭皮をマッサージすることによって顔のむくみやたるみの予防に効果的です。
その後は自分の好きなアロマやお香を焚きながらベッドに座り肩の力を抜き深呼吸します。
鼻で息を吸ってゆっくり時間をかけて口から息を吐き出します。
これを数回繰り返すことでリラックスすることができます。そして、全身のストレッチをします。
仕事上肩凝りが強いので首を回したり、自分自身で肩や首付近をマッサージします。
好きな香りの中で実践しているので、とても心が休まります。
眠る30分前までには部屋の照明を暗くしてテレビは消し、スマホやパソコン類を見ない・使わないようにしています。
美容と健康・睡眠のために始めたことがきっかけですが、今は私の日課になり、リラクゼーションという素晴らしい効果があり、趣味の一つと言えるほどになりました。参照ページはこちらから

心待ちにしていた春の到来

暖房設備で寒さをしのいでいた冬の寒い季節を通り越し、春の陽気を心待ちにしていた人も多いのではないのでしょうか?
そろそろその暖房設備・厚手の洋服ともしばしのお別れをしなければいけない季節がやってきました。

でも春到来=花粉の季節でもあり、この時期は多くの花粉が飛来するので花粉症の人には辛いことでしょう。
花粉症は現代病の1つでもあり、私が学生時代の数十年前は花粉症なんて言葉すらなかったと思います。
スギやら花粉の元になる木々が増えたのが原因なのでしょうか?
春はポカポカして川べりの芝生で昼寝でもしたい気分になります。
そよ風も心地いいですね。
それに冬はどうしても昼と夜の時間を比べると夜の方が長く、それに引きかえ春から夏にかけては日照時間も長く、夜7時くらいまでは明るく何だか得をしたような気分になります。
それによって日中の行動範囲が広がるのもいいですね。
私はどちらかというと、寒いよりは暑い方がまだ我慢できるため、そういう意味ではこれからの季節が1番好きです。
個人の好みで分かれますが、冬のウィンタースポーツが好きなど秋の夜長で読書が好きといった方もいると思います。

日本には四季があり春夏秋冬の順番で巡っています。
春は桜、夏は海水浴、秋は食欲、冬は雪といったその季節に思い浮かべるキーワードを挙げてみましたが、あくまで私の主観ですので個人個人違ったワードが出てくるとは思います。
ですが、こうして1年を通して、色々な楽しみがあるすばらしい地域に生まれたことに感謝したいです。

しかし今後、地球温暖化の影響で気候に徐々に変化がでないか心底心配しています。人妻出会い系サイト:成功確率97%の秘策

床に散らばるおもちゃは自分でお片づけ

子供供部屋にたくさんのおもちゃが散らばっているとき、「片づけなさい」と言っても片づけない子供に対して「片づけないと捨てちゃうよ」と言っていませんか?
すると、脅された子供は「捨てられちゃう」と思って片づけますが、その場限りになってしまい成長してから片づけができない子供に育ってしまう恐れもあります。
そこで、片づけができる子供に育つように、私が娘に行ったことを紹介します。

娘に片づける理由を教え「おもちゃにもお家がある」「踏んだらケガをしちゃう」と言うと納得してくれました。
それぞれの箱に写真やおもちゃの名前を貼り、「このおもちゃはこの箱に入れる」とわかるようにすると、片づけられるようになりました。
さらに、子供の目線に合わせたところに箱を置くこと、持ち運びしやすいようにキャスターをつけるなど工夫を凝らしました。
難しく考えてしまいがちですが、意外と単純なことです。

怒ってしまい、ママが全部片づけてしまうことがないように、片づけがしやすい環境を作ってあげることがポイントです。
また、片づけができたらほめてあげましょう。
片づけができない子供に対して「イラっ」としてしまうことが多いママの負担が少しでも減ったら嬉しいです。参照ページはこちらから

周りには書道教室は沢山あります

僕の住んでいる青梅市には、実のところ、書道教室というのは、星の数というほどではないにしても、キッズ向けを入れると、本当に沢山あります。
色々な意味で、書道教室は、競合相手が多すぎて、叶わないよなと思う事もあります。
それでも、ちょっとやってみたいと思う時もありますが、そういう場合、これはないなと思うものもあって、それは前から言っているだろうと思われる三味線教室です。

実は、知人の行為を見ていて、一角にもなっていない自分が、でかいことって何も言えるわけではないと思ったからでした。
その知人に、僕は書道を勧められたのですが、それでも、僕は彼が芸術で成功している、少なくとも仕事になっているという事が羨ましく、物凄く感じられるのでした。

確かに歌の文句ではありませんが、ここに何かのロマンを求めても、現実的なお金の話と老いしかないのかもしれません。

実際、世の中で、そればかりに追われてしまったのは事実ですが、残念だとは思います。